千夜一夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 下町ロケット 池井戸潤

<<   作成日時 : 2015/06/29 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

池井戸さんの作品は熱いですよねぇ。
「空飛ぶタイヤ」を皮切りに何作か読んでおりますが、どれも熱い展開ばかり…!
基本は最初にぐっとへこむ展開で、途中〜終盤で巻き返して最後には報われるパターンだと思うのですが、こちらもその王道を行く作品でした。
そしてこれで直木賞を受賞されているのですよね。

佃製作所という小さいけれど技術は確かな町工場が、その技術ゆえのトラブルに巻き込まれて奮闘するお話です。
まずね、最初のへこまされる展開なんですけど、池井戸さんは大企業を敵役にするとホント厭らしい展開に持って行くよね(笑)
庶民の心を煽りまくる上から目線の敵役がまあ憎らしいこと!(褒めてます)
読んでる側は主人公の立場に共感してるから、序盤はふつふつとこみ上げる怒りを『今はじっと耐えるのよ!この先に胸のすく展開が必ず待ってるんだから!』と抑えつつ頁をめくりました。
中盤〜終盤に掛けては、社内のあれこれ社外のあれこれに期待と不安の洗濯機でぐるぐる回転させられて、クライマックスでは…もう、言葉はいりませんね。

面白かったなぁ〜。キャラクターの割り振りも良いですよね。
この人アレだな…と思ってもこうきたか!と救われる役割が用意されてたりとか、後味悪いところがないってとても大事。
読後の清涼感はすっきり爽やかで、こちらも活力をもらって前向きになれる良作でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
下町ロケット 池井戸潤 千夜一夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる