スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 友井羊

初めて読む作家さんです。
羊はヨウじゃなくてヒツジなのね。

何だかとても柔らかい雰囲気で進められる日常の中のささやかな事件と解決。

作中でしずく店主・浅野の作るスープがほんとに美味しそうで~いいな~食べたい…!と何度思ったことか!
ご飯が美味しそうな作品は良い作品です。
しかし、もしリアルに存在してたとしても、私が朝ごはんを外で食べることなど、まずないのだ…がくり。

連作短編集なのですが、ラストの一編のみが書き下ろしで、そちらだけ話の重さが違いました。
そうだったんだ…!
ちっとも先が読めなかった。諸々意外性ある展開~

こちらの続編が出てるのですが、今作の印象もなかなか良かったしその後が気になるし、続きも読もうと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック