霧のむこうのふしぎな町 柏葉幸子

児童文学です。
どうやら「千と千尋の神隠し」に影響を与えた作品らしいです。
(表紙裏の解説に書いてあるので)

小学6年生の少女が夏休みに向かった先は…
さくっと読み終われて読後爽やかな成長物語です。
舞台になる町が魅力的!
食べても太らないお菓子とか最高なアイテムが出て来ましたよ…
いいなぁ、でもキャンディーとかチョコレートとかだったので、私にはしょうゆせんべいとかの甘くないやつ下さい。

小学生の時にこんな話を読んでしまったら、夏休みに遠い所へ一人旅してみたくなってしまいそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック