バイロケーション 法条遥

忘却のレーテが面白かったのでデビュー作を読んでみました。

個人的な印象ですが、この作家さんはこう…話しを紡ぐというよりも構築している!ってイメージを感じます。
読み手の注意力が試されるといいますか。
もちろん私に読書中の文章に対する細かな注意力なんてある訳がなくてですね…ウフフ。
今作では頭がこんがらがってきて、途中で斜め読みになった部分もございます。

設定が設定なので、こんがらがる仕様なんですが、そこを整理して読める人はより一層楽しめるのではないかと…
推理小説で犯人推理するのが楽しい人とかね。

お話しとしては忘却~の方が好みでしたが、設定のインパクトとかやるせなさとか恐ろしさとか自分でどうにもできない無力感みたいなところとか結構印象深く残りました。
軽く読むには向いてないので、時間の余裕があって作品とじっくり向き合える時に読むのがおすすめ!
作風の独特なところが割と気に入りなので、また時間をおいて別の作品も読んでみたいかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック