Fate/strange Fake(3) 成田良悟

あまり間が空いてしまうと、前の展開を忘れてしまいますよね。
今回もう、さっぱりすっかり前巻の記憶を忘却の彼方へと流しやってしまっていたので、困った困った。

でも、前回までのあらすじがなくてもまあ、とりあえず何とか読めるものですよ。
そしてFateは設定とか入り混じり過ぎてるので、最初からよく判ってないんだった!

どうしようかなぁ、今後ついていける気がしない!
面白そうなんだけど、熱心に追いかけて読むことないかな、という気はしてきています。
Fate作品も派生が増えすぎて知らないものの方が多分多くなってるので、もう仕方がないかな~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック