その他の外国語エトセトラ 黒田龍之助

英語やドイツ語などのメジャーな外国語ではなく、「その他」としてまとめられてしまうけれど、世界のどこかで使われている言葉について綴られたエッセイ集。(裏表紙解説より)

英語もままならない、日本語も時折不自由になってしまうワタクシからすれば、異世界人とも思えてしまうくらいの多言語習得ぶりです。
ロシア語から始まる外国語との出会い、その他マイナーな言語の数々を「言語が好き」という気持ちから習得していった経験・所感が色々記されてます。

どんな言語も簡単に身に付くはずがないこと、動機は学習継続の肝となるため結構重要なこと…など、ふ~む、と呻らされる内容でした。
しかもこの方ロシア語の講師とかなさっていても、ロシアに留学経験はないとのこと。
語学留学しなくても他国の言語は学べるし身に着けられる、本人の意思がしっかりあれば!ということです。

何度も英語にチャレンジしようかな~?と気軽にCDなぞ聞いてみたりするものの、ちっとも続かないし何度も最初からやり直して三日坊主で終わってる身には耳が痛いお話もありあり。
エッセイですから文章自体は平易なのですが、内容がディープなせいか意外と読み進むのに時間がかかりました…

それにしても操れる言語の多さにびっくりします。メジャーどころでは英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語は現地を旅行するのなら困らないレベルだそう。
気に入った本は色んな言語の翻訳本を手に入れて読み返す、ということでスティーブン・キングの「IT」が挙げられていたのですが、英語・チェコ語・ロシア語・フランス語・イタリア語・スペイン語・ドイツ語・ポーランド語・クロアチア語・スウェーデン語・ブルガリア語と11の言語版を入手されているのでした…すごいよ…全然知らない言語がいくつもあるよ。

知りたい気持ちでそこまで行ける、という事が素晴らしい!
数多くあるマイナー言語世界をちょっとだけ垣間見たような気になれました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック