絶対城先輩の妖怪学講座十一 峰守ひろかず

昨年秋に新刊出ていたことに気付いておらず、こんなタイミングに…

ええ~と、今回ずいぶんと駆け足に感じられましたが、次で完結なんですね…
見守ってきた作品完結への寂しい気持ちと、まあそうするしかないかなという諦めが半々でございます。
だって礼音と先輩、完全にくっついちゃったし。
こういう関係のものはジリジリしている間柄の期間が楽しいものなので、カップル成立してしまったら、その先はフィナーレに向かうしかないんですよねぇ。

最初にも言いましたが今回はなんだか粗削りすぎて、もはやダイジェストを流されてるような印象でしたよ。
内容が内容なんで、もちょっとじっくり作り込めなかったのかなぁ、と少々残念に思わずにいられません~
更に吹っ切れて平気でいちゃついてしまえる二人とか、別人過ぎてそっちの方がよほど怖いのですが…(苦笑)
ってな訳で、割と延長希望するような気持ちはなく、どう終わらせるのかな程度の距離感で最終巻を待ちたいと思います。