テーマ:★★★★

TOKYO BLACKOUT 福田和代

いやぁ、この方の本初めて読んだけど、なかなか素敵でした! あれだ、ちょっと五條瑛さんを思い出したよ。 そういえば最近全然チェックしてなかったな、とか思い出したので、そのうち五條さんの本も読むかな。 テロによって送電鉄塔が爆破されたりして東京が大停電に見舞われるのですが、テロ側も捜索側も背景がね~ もの悲しさこそ感じてしまう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首都感染 高嶋哲夫

高嶋さんの本はこれまでに何冊か読んでいて、前のブログにも読書記録を残していたと思うのですが、データが消え失せてしまった今となっては、正確にどこまで読んでいたか思い出せないのでした。 うーん、「TSUNAMI」「M8」あたりは読んでたはず~ 今回は世界が強毒性インフルの猛威にさらされ未曽有の大惨事になります。 そんな中で日本は感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その他の外国語エトセトラ 黒田龍之助

英語やドイツ語などのメジャーな外国語ではなく、「その他」としてまとめられてしまうけれど、世界のどこかで使われている言葉について綴られたエッセイ集。(裏表紙解説より) 英語もままならない、日本語も時折不自由になってしまうワタクシからすれば、異世界人とも思えてしまうくらいの多言語習得ぶりです。 ロシア語から始まる外国語との出会い、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京レイヴンズ15 あざの耕平

久々の本編ですが過去編です! 夜光が主役ですかね、コンですかね、といった具合ですが、何だか「おおお…!」となるあれこれが判明。 今回の一押し新人は相馬佐月ですかね!軍服ー あと、犯人はお前かー!とか言いたくなるような人とかも出てきたりして、相変わらず緊迫感を書くのが上手いな! あざのさんの作品はトラブル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天涯の砦 小川一水

兄のおすすめ本。 以前、大喜びで読んでた復活の地の作者さんですな! SFサバイバルですよ!期待値は否応にも高まりますよ! 読了いたしましたが、これも期待通りだったー! 軌道ステーションで起きた事故により宇宙空間を漂流することになった数名が、生き延びるために取る行動は… 生き残った人間全てが味方じゃないところがポイントです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館革命 有川浩

ああ~、完結してしまった~~!>< もっと読んでいたかったなー! 物語はここで終わり、だけど世界はこの先も続いて行くよ!っていう締め方も好きですけれどね! いやぁ、緊迫した展開が終盤怒涛なので、ラストにかけては自室で読みました。 翌朝まで持ち越しとか我慢出来なかったからね~さすがにね! でも、そうかー、いやもう、ニヤニヤが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お咒い日和 加門七海

以前出された「お祓い日和」に続く一冊…と考えてよろしいかしら。こちらはオマジナイと読みまする。 内容が繋がっているとか、そういう訳ではありませんが… いえまぁ、加門先生のここらへんのお話はみな繋がりがあるといえばあるので微妙なとこですね。 今回は歴史的民俗学的なアプローチなどで日本に残る色んなオマジナイについてスポットを当てて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館危機 有川浩

3冊目はとうとう郁も本格的戦闘の真っ只中に投入! いやぁ、茨城での郁のあの台詞には堂上教官でなくてもがつんとくるんじゃないですかね。 ましてや堂上教官からしたら、もう、ハートのど真ん中を打ち抜く一撃ですよね。 あとで素直に伝えてたのが可愛くて身悶えました。郁はわかってなかったけどね! 郁が男前過ぎるから教官はもうメロメロ{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館内乱 有川浩

二冊目もまたたまらん感じですね! 郁ちゃん、ピーンチ!でも王子様(笑)がいるから大丈夫…! しかし、こんな早く(?)にバレてしまうとは!もっと終わりの方かと思ってた… 次巻がものっそい気になります!でも、これは通勤時の楽しみだから来週まで我慢だ~ そうそう、レインツリーの国がこんな生まれ方をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 有川浩

はい、来ましたよ! うわぁ、私これ随分長い間温めてとって置いたけど、ガツンと来たわー! 今までの有川作品中での糖度最高値を叩き出した気がする。(当社比) 何って最後の短編だよ!堂上教官ーーーー!!!!ちょっとーーーー!!! これを読んで、速攻ポチりにPCに向かったのでした。わぁい!図書館で借りてる場合じゃねぇ!次予約入れ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クラゲ世にも美しい浮遊生活 村上龍男/下村脩

くらげ写真の美しさよ~ 新書サイズなのに写真がフルカラーでたくさん!加茂水族館のくらげがたくさん拝めます。 写真集と対談形式の解説という感じの作りです。 これはちょっと手元に欲しい。 そして早くアクアパーク品川に行きたい。 山形に行けたら一番良いのでしょうが…(調べる)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狩人の悪夢 有栖川有栖

久しぶりの火村シリーズ、やっと読了~ やはりハードカバーの本は読むのに時間が掛かる…装丁が美しくて良いのですけど! で、今回は作品の題材が「悪夢」だったせいか、結構アリスが火村先生の悪夢にも突っ込んでましたね!! 今までなかったところが書かれていて、『おおっ』と感慨ひとしおで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい感じの石ころを拾いに 宮田珠己

美の壺で「いい感じの石ころ」の放送を見て、そういやこの本を読もうと思って候補に入れたままだったなと思い出して借りて来ました。 読み始めて、その危険性に気付いたけど、もう遅い。 やばい、超石拾いに行きたい!(笑) どうしよう、近辺でどっか石が拾える素敵な場所はないものかしら… 足(車)がないから、遠出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶対城先輩の妖怪学講座九 峰守ひろかず

やったね!ようやく大きな一歩が踏み出されたよ…!!! 演技のアレはちょっと礼音的にはダメージ大き過ぎるんじゃないかと思ったけど、まあ礼音も普通のか弱い女子じゃなかったね… いやそれでも礼音はやられたことに対してもう少し怒ってもいいんじゃないだろうか。 まあ、すぐに言いくるめられてしまうところも先輩には可愛いのかもしれないけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の暮らしかた 大貫妙子

3週間、まるまるかけてぽつぽつ読んで、やっと読了。 日々のこと、友人のこと、家族のこと、猫のこと、食べ物のことなどが少しづつ綴られたエッセイ集です。 共感出来るところ、そうでもないところ、色々ありましたが、一番がつんと来てしまったのは、やはりご両親との別れに関するあれこれ。 特に「お母さん、さようなら」は電車の中で読んでいたに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッカーノ! 1935-D Luckstreet Boys 成田 良悟

3年ぶりだそうですよ、バッカーノの新刊… もはや何がどうだったのか、記憶を呼び出すのが難しい! カジノでなんかやらかす話だったのはなんとなく覚えてる!(おおざっぱすぎ) でも、次巻はそこまで間を開けずに完結まで持って行ってくれる…予定だったみたいなんですけど、どうですかね?! (ちなみにこれが出たのは昨年の8月) 今年の春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0能者ミナト10 葉山透

おお~。今回は切ないですよ! 何と主役はユウキです。こんな設定があったとは~。 戦うショタが何とも可愛くてカッコイイです。 ユウキは頼れる小生意気でおねショタで色々美味しいんですが、こんな主役話を持ってこられると、ますますいいキャラとして株が上がってしまいますなぁ。 これアニメで見たいわ。 ミナト、アニメ化しないかなぁ…見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御嶽山噴火 生還者の証言 小川さゆり

「あれから2年、伝え繋ぐ共生への試み」という副題がつけられています。 衝撃的だった噴火のニュース。 過酷な状況に陥った山頂から生きて帰って来られた方の生々しい声です。 運命の一日・噴火の実態・噴火の爪痕・噴火の教訓の四章で綴られています。 私がこの本を読んで感じたのは、突発的な災害が発生したときに何が一番必要なのか?それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンティキテラ 古代ギリシアのコンピュータ ジョー・マーチャント

いつもとはちょっと毛色の変わった本を選んでみました。 内容が濃くて読了するまで相当時間かかってしまいましたが、その価値は十分に。 1901年にギリシアの海底から引き上げられた奇妙な機械の破片。 それは石灰に覆われ化学反応で蝕まれたブロンズの歯車たち。 これはいったいいつ、何のために作られたものなのか。 100年に渡って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻獣調査員 綾里けいし

ツイッターでイラストレーターさんのツイートを拝見して好みそうだと思ったのでリクエストしてみた本。 人と幻獣の共存を胸に、世界で唯一の幻獣書を完成させるために旅を続ける少女のお話し。 いやぁ、泣いた泣いた。 こんなに泣かされる作品だとは思ってなかったので、大いに涙腺崩壊しました。 人外大好きでケモナーでもある私としては、色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶対城先輩の妖怪学講座八 峰守ひろかず

またしてもピンチに陥る絶対城先輩。そしていつも通り勇猛果敢に助けに行く礼音。 今回、礼音が晃さんに対して引け目を感じてしまい、先輩の側から少し距離を置いてしまっていたんですけど、これがまたいい具合に展開しましたね! だって礼音が自分から意識的に先輩の側にいたいと!公言して!助けに行くんですよ! これ先輩聞いてたら顔に出なくても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国境のない生き方 私をつくった本と旅 ヤマザキマリ

テルマエ・ロマエの映画を斜め見しているぐらいの情報しかなかったのですが、とても評判が良さそうだったので。 ご本人の半生と、その中で見て知った物事を綴った一冊。 いやぁ、こんな生き方をしていたら日本の一般的な枠内では生活出来ないだろうなぁ。 会社に行って毎日仕事とか、恐らくこの方には合わないでしょう。 それはもう向き不向きだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんでもわかるキリスト教大事典 八木谷涼子

…うふふ。 アマゾンでソレ系の書籍の中で一般的にも評価の高いこちらの本を借りてみました。 著者はキリスト教徒ではなく、いかなる宗教の信者でもないとのこと。 客観的な立場で調べられた内容は、キリスト教とこれっぽっちも接点がなく全く知識のない人間にもわかりやすく面白かったです。 キリスト教の中の色んな教派を比較して、考え方や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様の御用人4 浅葉なつ

御用人シリーズ4作目は短編集ではなく、長編でした! そして区切りとなりそうな回でもありました。 相変わらず神話伝承と現代を絡み合わせてしんみりくるお話を作るのが上手いですなぁ。 長編でしたので重みも加わってうるっとくる展開がまた。 そして興味持たせる誘導も上手いよね。 最近、全く社寺巡りはしていなかったのだけれど、神社いい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墨東地霊散歩 加門七海

とても久しぶりに加門さんの本を。 出てから大分経ってたのですが、ハードカバーの本を読み切れる自信がなくて手を出しておりませんでした。 予想以上に中身の濃い一冊!墨東エリアへの地元愛がこれでもかと溢れております。 もちろん地元愛も加門流です。怪談話やら神仏にまつわる場所を徹底的に歩く・調べる。凄いわぁ。 読むのに大分時間がかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却のレーテ 法条遥

これは…!ちょっとたまらないツボ作品でしたわ! 裏表紙のあらすじをちょこっと書いておきます。 ”両親を事故で亡くした女子大生・笹木唯は高額の報酬と引き換えに記憶消去薬「レーテ」の新薬実験に参加する。 完全に閉鎖された施設で天才科学者の監視のもと過ごす7日間。” 毎日リセットされる記憶。自分以外の被験者。外界から隔絶された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔交渉人 (4) 天使の方舟 栗原ちひろ

ああ~、シリーズ終わってしまった… でもでも、いいシリーズだった! 今回で音井のひ・み・つが少しだけ判って、でも全ては明かされないまま、話は別のステージへ行ってしまったのだった。 これ新章で話続けられると思うんですけど~ 今回、五得さん全然出て来なかったですし、館長も…ですし、まだまだ世界広がると思うんですけど~~ うぐ……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラフル 森絵都

森さんの本は今までにも読んだことあったと思うのですが、前の履歴が思い出せない… 大きな過ちを犯して死んだ魂がもう一度やり直す機会をもらうお話。 読みやすくて、でも心に何か温かなものが残る、前向きになれる内容でした。 解説を見ると映画化もされてるみたい? 疲れた時に読むといい、みたいなおすすめを見たのですが、その意見に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

啓火心 FIRE'S OUT 日明恩

続けざまの日明さん! 新刊分厚かった…!いや、まあ、いつも比較的厚いんですけど、今回もどんっ!て感じでした。 ハードカバーだから重いんだよう。 今回は雄大がちょーピンチでしたね!毎度のことだけど危険度が右肩上がりで、そして裕二の株も比例上昇しました! おおお~、裕二いいぞ!そしてやはり守もいないとね! この三人のバランス、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

埋み火 Fire's Out 日明 恩

なんてことだ!鎮火報 Fire's outの感想書くの忘れてた… ここで一緒に書いておくか… え~、私の大好き作家さんの一人、日明 恩(たちもり・めぐみ)さんです。 既刊は一応全部読んでおりますが、Fire's outシリーズの最新作「啓火心」が昨年出ていたことを10月末位に知りましてね… 日明さんの作品大好きなんですが、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more