テーマ:は行の作家

TOKYO BLACKOUT 福田和代

いやぁ、この方の本初めて読んだけど、なかなか素敵でした! あれだ、ちょっと五條瑛さんを思い出したよ。 そういえば最近全然チェックしてなかったな、とか思い出したので、そのうち五條さんの本も読むかな。 テロによって送電鉄塔が爆破されたりして東京が大停電に見舞われるのですが、テロ側も捜索側も背景がね~ もの悲しさこそ感じてしまう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機上の奇人たち エリオット・ヘスター 小林浩子訳

あまりに内容がくだらない&シモな話も多いのでどうしようかと思いつつ、とりあえず読了しました。 アテンダントの方のえらい目にあった系実体験がコミカルに暴露されております。 日本では移動距離が短いから、さすがにここまでひどいことはないのでは?と思うけれど、実際どうかはわからないですね… 世の中には非常識な人がたくさんいるね。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0能者ミナト11 葉山透

相変わらずミナト先生は頭の回転が速くて、うすらぼんやりな私には何言ってんだかよくわからんけどすごいですね! 計算で怪異を物理攻撃して倒す、その手段が発想がさすが0能者… ところで毎回、文庫の表紙にミナトがどーんといるわけですが、今回は妙にホストくさいなと思ったら、本編でわざとホストくさい格好をしていたのね… ミナトのビジュアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星がひとつほしいとの祈り 原田マハ

「カフーを待ちわびて」の時は、この人とはあんまり合わないかなぁ、と思っていてからのこれです。 ちょっと評判良さそうだったので借りてみたのでした。 最初からそんなに期待していなかったせいなのか、今回は割と静かにそっと世界を受け入れられたかも。 様々な環境・境遇・世代の女性たちの生きている姿を少しずつ垣間見るような短編集。 共感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を襲うクマ 遭遇事例とその生態 羽根田治

またこんなものを借りて…と思われそうな… 身近にある危険、というものを、実際に遭遇した方々の証言などもまとめて、クマの生態などにも触れて注意喚起する一冊! これを読むと、山ちょう怖い、行かないのが賢明、という結論に達します。 行く人は自己責任で、万一クマと遭遇して逃げられなくてボコられても喰われても文句言えないよ、という厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活版印刷三日月堂 海からの手紙 ほしおさなえ

相変わらず安定したほっこりしんみり具合です。 ちょっとだけ重いんだよね、でもそこが風合いかなぁ。嫌味な重さは感じないかな。 それはみんな前向きになってお話がまとまるからかも。 九ポ堂さんのお名前が巻末にあって驚くと同時に納得したり。 私はまだ持っていないのですが、縁があったらここの商品欲しいなぁ、と思っていたところなので… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

増山超能力師事務所 誉田哲也

何故この本を予約したんだったかなぁ… 借りてから知ってる本(未読)の作家さんだったということに気付いた。 え~、超能力が普通に存在する、ということが認められ始めてるパラレル日本が舞台。 短編連作集でいいのかな。事務所のスタッフとか周辺人物にスポットが当たって話が進む感じ。 まだ始まってない印象で、ちょっとまとまりに欠けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフーを待ちわびて 原田マハ

なんだかどこかで絶賛されたらしい日本ラブストーリー大賞作とやらだったのですけども。 ちょっとー!ハッピーエンドじゃないんじゃん…!と… 私、恋愛話はハッピーエンドが望ましいな… いや、別にアンハッピーではないんだけどさぁ… てっきり幸せになって終わるんだと思い込んでいたので、そうじゃない結末で終わってると、えっ{%汗we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活版印刷三日月堂 星たちの栞 ほしおさなえ

ほっこり本でした。 川越の古くて小さな活版印刷所と、そこに係る人々のお話し。短編連作です。 活版印刷、意識して見たことはないのですが、多分これまでに見たことがきっとあるはず… でも、改めてその印刷物を見てみたくなるような、紙もの好きにとってなかなか素敵な内容でした。 銀河鉄道の夜は出さずにいられないですよね…などと思いつつ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0能者ミナト10 葉山透

おお~。今回は切ないですよ! 何と主役はユウキです。こんな設定があったとは~。 戦うショタが何とも可愛くてカッコイイです。 ユウキは頼れる小生意気でおねショタで色々美味しいんですが、こんな主役話を持ってこられると、ますますいいキャラとして株が上がってしまいますなぁ。 これアニメで見たいわ。 ミナト、アニメ化しないかなぁ…見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメント 生還 山岳遭難からの救出 羽根田 治

羽根田さんの遭難系の本は今までに何冊か読んでおりますが、こちらも結構壮絶さが感じられる内容でした。 救いはここで語られている人々については全員生きて帰っているということ。 但し、全員が五体満足に戻れている訳ではありません。 怪我をした人、凍傷にやられてしまった人。 それでも命だけは助かることの出来た人々。 災害時も思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイロケーション 法条遥

忘却のレーテが面白かったのでデビュー作を読んでみました。 個人的な印象ですが、この作家さんはこう…話しを紡ぐというよりも構築している!ってイメージを感じます。 読み手の注意力が試されるといいますか。 もちろん私に読書中の文章に対する細かな注意力なんてある訳がなくてですね…ウフフ。 今作では頭がこんがらがってきて、途中で斜め読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘却のレーテ 法条遥

これは…!ちょっとたまらないツボ作品でしたわ! 裏表紙のあらすじをちょこっと書いておきます。 ”両親を事故で亡くした女子大生・笹木唯は高額の報酬と引き換えに記憶消去薬「レーテ」の新薬実験に参加する。 完全に閉鎖された施設で天才科学者の監視のもと過ごす7日間。” 毎日リセットされる記憶。自分以外の被験者。外界から隔絶された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人ボン 41歳からの運転免許編 ボンボヤージュ

ボンさんの新しい本…!と思って予約してた本。 今度は運転免許を取るってよ…! で、こちらの本を読むと、運転免許を取るために教習所で具体的にどんなことをしてるか、が手軽にわかります。 でも、そこがわかったとしても、根本的に運転に向いてない人には免許は取れないと思います。 いえ、取れるかもしれませんが、ドライバーにはなれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪のひとひら ポール・ギャリコ

これは以前、点滴堂さんの企画展でタイトルになっていて、気になっていたもの。 一年くらい手を出す機会がなかったけど、雪の降り始める季節に手に取ることが出来ました。 タイトルの通り、空から舞い落ちた「雪のひとひら」の生涯を辿る物語。 「雪のひとひら」という”彼女”が、どんな体験をしていくのか。 その中で何を見て、何を思うのか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0能者ミナト9 葉山透

ミナトのシリーズも9冊目です。 今回は長編。今までのパターンを崩してきましたね! 前回8巻の時に次回大きな動きが?みたいなこと書いてましたが、あ~、そう言われてみれば少し変化が…? まあ今回大掛かりな事件でしたからね。御蔭神道と総本山両方を一気に巻き込んで、その他も巻き込んで~、と。 でも最終的に今までと変わらない(かもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅ボン ハワイ編 ボンボヤージュ

旅ボンシリーズ、とうとう最後の一冊に辿り着いてしまったわ。 ハワイか~、南の島というくくりで見ると、いいよね南の島…ってなりますね。 買い物とかゴルフとかマリンスポーツには興味がほぼないですが、火山を上からヘリで見るとか銃の体験実弾射撃とかは心惹かれます。 そしてラグジュアリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩き方を変えれば外反母趾はここまで治る! 古屋達司

歯の治療に目処がついた途端に気付いた外反母趾の疑惑。 図書館に良さげな本があったため借りて来ました。 まず、自分の足がどの程度の外反母趾なのかチェック出来ます。 6つある項目でチェックしたところ…私はとりあえずまだ予備軍であることが判明。 でも、第3関節が曲がらない! つーか、足指の第3関節なんて今まで意識したことなくて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅ボン 沖縄編 ボンボヤージュ

沖縄編の順番が回ってきました。 これは新装版ではないやつ、ですかね。 相変わらず行き当たりばったりだったり、横道で盛り上がってたり、ユルさ炸裂な内容ですね! 沖縄観光なのに台風が二つも直撃してて、申し訳ないけれど笑ってしまいます(苦笑) ヤギ汁知らなかったな…そんなに強烈なのか。恐ろしいな… 沖縄は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新旅ボン 富士山編 ボンボヤージュ

富士山編と銘打たれておりますが、一冊全てが富士山ネタではありません。 まあ、そうですよね、どんだけ富士山密着レポなのかと思ってましたが、そんなことはございませんでした! 築地行ったり鎌倉行ったりホットヨガ体験したりしてて、それもまた面白楽しい♪ 富士登山の過酷さはヤマノススメでも描かれたりしてましたが、こちらでもやっぱり過酷な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類資金7 福井晴敏

やっと完結したああ~~~ 最終巻が出るまで何度延期で肩透かしくらったことか! でも、さすがに最後。すんげー分厚くてびっくりしました。 なんとか読み切ったけど、う~ん、まあ、ハッピーエンドだな、とは思うけど、引っ張って引っ張った最後としては、これで終わりなのん?という印象… 仕方ないですかね…いい加減長過ぎ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新旅ボン イタリア編 ボンボヤージュ

旅ボン・イタリア編を借りてきました。 おおお、初海外なのに荷物の準備が前日とか恐ろしすぎて死ねる… なんでスーツケースすら買えていないの…と、ボンさんの旅準備に戦く。 締め切りもいつもぶっちぎってるみたいだし、時間にあまり囚われない方なんですかね… イタリア行ってもマイペースで、それでも観光はそれなりに行って(ウフィツィ美術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新旅ボン 北海道編 ボンボヤージュ

職場で昔N川さんがくれたメモがこのイラストレーターさんのものだった。 たまたま検索してヒットしてきたので、懐かしさに「おっ」となってすぐ来そうな本を借りてみました。 北海道編と銘打ってある通り、北海道旅行でのアレコレをエッセイ漫画にまとめたもの。 特に何をする訳でもないのに、キャラ作りの上手い絵描きさんが描くと、何気ないことも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バチカン奇跡調査官 黒の学院 藤木稟

ゆーみさんにちょこっとオススメされた奇跡調査官シリーズ。 バチカン所属で世界各地から届く『奇跡』の真偽を見極める若き二人の調査官。 アジア系の天才科学者・平賀神父とその相棒で友人の古文書・言語関係エキスパートなロベルト神父。 修道院と寄宿学校で起きた『奇跡』には、どうやら深い裏があるらしく…?という感じで始まります。 う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

0能者ミナト8 葉山 透

えー、本の備忘録をこっちではまめにつけていこうと思います。 基本的に図書館から借りてきた小説とかラノベとかコミックエッセイなんかです。 ★マークは私が感じた面白度です。★~★★★★★でつけていきます。3個が普通評価です。 ミナトの8巻。 私個人的には素行不良過ぎて九条湊好きじゃないんだけど… お手伝いしてる高校生巫女・山神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more